ライブチャットIP電話


『意味のない千の言葉よりも、道に叶うたったひとつの言葉のほうが価値がある。』、と彼は厳しい表情で告げました。まるで、言葉一つ一つに自分が思っている以上の重さがあるような、そんな感覚に陥った気分でした。通信手段が発達し、どんなに遠く離れていても大切な人と話すことができるようになってきましたよね。それって凄く嬉しいこと、喜べることだと思います。技術の発達により、電話の機能も充実して相手の顔を見ながら話が出来るようになりました。そこに距離は関係ありません。たとえ、顔が見えなかったとしても…声が聞こえれば、それだけで充分だと感じます。現代だからできることなんです。一昔前では考えられなかったことなのではないでしょうか?唯一の通信手段は手紙。それは相手に届くまでに時間がかかり、相手から返事が返ってくるまでにも時間がかかります。その間は、そわそわした気持ちを抑えることができませんね。届いたときは飛び上がるほど嬉しく感じますが。手紙でも、気持ちを伝えることはできます。もしかしたら、言葉にするよりも伝わることがあるかもしれません。しかし、声は聞こえないんですよね。自分の頭の中で、相手の声を思い描きながらその手紙を読む…それはそれでいいかもしれません。でも、ものたりないとは感じませんか?ものたりないものは何か…そう考えているうちに直接、声が聞きたいと思ってしまうのです。そして、声を聞いたら今度は直接会いたいと思ってしまうのです。こんな経験をアナタはしたことはありませんか?これって、寂しさが故の無意識のうちの行動なんですね。寂しいから声を聞きたくなってしまう、寂しいから逢いたくなってしまう、とにかく寂しさを埋めたいんです。そんな寂しさを埋めるときに役立つのが電話なんです。その電話にTV電話機能がついていたらなお良いでしょう。相手の声も聞けるし、顔も見ることができるのですから。コレばかりは技術の進歩に感謝をしなければなりませんね(笑)さて、寂しさを埋めるためにかけた電話で、相手からもらった言葉で、嬉しくなったり、気持ちが楽になったりしませんか?たわいもない世間話から始まったはずの電話がいつの間にか、現状報告になっていたりして…。そんなときに大切な人からもらう言葉は偉大なものなのです。一瞬で気分を楽にしてくれる、魔法のようなものです。自然に心の中へ溶け込んでくるんですよね。それは心地良いもので、それまでにあった、つらかった出来事やきびしかった出来事やなやみ事など、一瞬にして吹き飛ばしてくれるんです。どうしてそんなことができるのか、それは相手がくれた言葉にあります。アナタの状況を充分に理解した上で、考えてくれた意味のある言葉だからです。意味のない言葉じゃないからです。アナタのことを考えて、どんな言葉が必要なのか…そんなことを考えながらくれた言葉だから、自然に心の中に溶け込んでくるんですね。それでアナタの気持ちを楽にしてくれるんです。嬉しいですよね。言葉ひとつでこんなに変わることができるんです。それと同時に言葉って凄いチカラを持っていることがわかりました。言葉は時に盾になり、時にやいばとなる。それは使い方次第なんだと思います。いつ、どんなときに、どんな言葉を、誰に向けるのか…それが守るための盾になるか、きずつけるやいばとなるか…。だから、言葉の使い方には十二分に気をつけてくださいね。アナタが与える言葉は守るための盾や勇気になることを願っています。


TOPに帰る。